男の人

土質改良機による建設発生土の再利用化|無駄のない資源活用

土質を改良して再利用化

工事現場

様々な分野の工事事業者において、基礎工事を始めとする全ての工事工程において発生する建設発生土の処理というのは大きな問題です。建設発生土というのは、残土、建設副産物とも呼ばれ、再利用することが難しいものとされています。そのため、発生してしまった建設発生土は適切に処理しなければならないのです。この処理のことを残土処理と呼び、主な残土処理方法として廃棄物埋立処理場へ運搬し埋立を行う処理方法や中間処理業者に処理依頼をだすといった方法が挙げられます。また、工事事業者が保有する残土保管上へ運搬し保管するといった方法をとっている事業者もあるようです。しかし、近年では廃棄物埋立地や残土保管上が飽和状態となり、残土処理が間に合っていない状況となっています。発生する建設発生土は年々増加する傾向がみられ、この問題は逸早く解決する必要があるでしょう。残土処理問題は、土質改良機を現場に導入することが解決できるはずです。
土質改良機というのは、その名称の通り発生した建設発生土の土質を改良するといった特殊機械です。土質を改良することにより、建設発生土を再利用可能な状態な改良土にすることが可能なのです。土質改良機で再利用化することが可能な建設発生土というのは、不良土(汚泥含む)となっており、土質改良機によって改良土とされることによって路床材や盛土材として再利用することができるようになるのです。この他にも、コンクリートガラや転石の再利用化に適した特殊機械等も開発されているため、残土処理問題を完璧に解決する日も近いはずです。

工場

搬送物の運搬

産業事業や工業事業の効率的な生産ワークフローというのは、ベルトコンベアーがあるからこそ成り立つものです。ベルトコンベアーというのは、モーターによるローラーの回転を利用してベルトを循環させる特殊機械です。

2人の女の人

土質改良の仕組み

土質改良機というのは、不良土や汚泥といった建設発生土の再利用化を可能とする特殊機械です。その機械内部では、投入された建設発生土を改良土とするための、効率的な改良作業ワークフローが整っています。

工事

残土と産廃物の選別

膨大な量発生する建設発生土の中には、産業廃棄物が混入してしまっているものが存在します。その場合、残土ふるい機によって建設発生土と混入してしまった産業廃棄物を分別する必要があるでしょう。